シングルマザーがもらえる手当 | 母子家庭の母子手当を受給する

このエントリーをはてなブックマークに追加

母子家庭のシングルマザーのための児童扶養手当をもらう条件

母子手当である児童扶養手当をもらう条件は、扶養手当のサポート対象となる子供と父母のどちらかが共に生活をしている一人親家庭であることが大前提となりますので、母子家庭のシングルマザーであれば、この条件はクリアされます。ただ、一緒に暮らしていない子供に対する児童扶養手当を受け取ることはできません。一時的に祖父母に預けている子供に対する扶養手当の支援を受け取ることができませんし、児童扶養手当の制度以外の公的援助を受けている場合にも、児童扶養手当は支給対象とならないので注意しましょう。また、公的年金や遺族補償などを受け取ることができて、母子家庭になっても収入がある場合には、児童扶養手当を受け取ることはできません。

ご自身が受給の対象になるかどうかは各市町村の役所の窓口で教えてもらえますし、手続きも同時にできますので、まずは相談してみましょう。

最近多いのですが、国際結婚で海外へ移住し、海外で離婚をしてそのままその国に残るという場合。児童扶養手当の支援を受ける対象となる子どもが日本にいない場合には支給対象にならないので、将来もし日本に帰国する場合には、帰国してから申請することになります。また、児童扶養手当は、年金のように過去にさかのぼった金額を申請することはできません。申請した時点からのスタートとなるので、対象となる人はできるだけ早くに申請したほうが良いでしょう。

児童扶養手当は、その家庭で何人の子供がいるかによっても支給額が異なります。全部支給と一部支給との2階建て構造になっている児童扶養手当ですが、支給対象となる子供が二人以上の場合には、二人目からは定額が加算されることになります。そして、毎年8月に現況届を提出して再審査が行われるので、去年まではもらえたけれど今年からもらえなくなった、ということも当然あります。

母子家庭のシングルマザーの児童扶養手当の金額

シングルマザーの児童扶養手当の金額は、子供の数とその母子家庭世帯の所得によって異なります。児童扶養手当は全額支給と一部支給の2階建ての構造になっていて、全額支給の場合には子供が一人の場合には月額4万円程度、二人以上の場合には、そこに毎月の手当が加算されます。また、収入が多いと受給できないケースもありますし、所得に応じて減額されて一部支給を受ける形になることもあります

児童扶養手当は、母子家庭なら誰でも受け取れるというわけではありません。また、ひとり親家庭というと、母親でなければいけないというイメージを受ける人も多いのですが、親は母親でなくても父子家庭のシングルファザーの父親でも良いですし、子供を養育している人なら祖父母などでも申請することができます。児童扶養手当を受け取るためには、公的援助が必要な所得かどうかが審査されるため、母子家庭でも十分な所得がある家庭の場合には、申請しても受け取ることができません。支給対象となる収入は各都道府県の市町村によって微妙に制度が異なるので、最寄りの市町村の役所の窓口で相談してみましょう。

児童扶養手当は、ほかの公的年金と合わせて受け取ることができません。児童扶養手当を受けるべきか、生活保護などのほかの公的援助を受けるべきか分からない場合には、ぜひ市町村役場の窓口に相談してみてください。より多くもらえる方を教えてもらえます。

シングルママを応援するための社会福祉施設や育児や子育てと両立して勤務できる職場づくりをする企業も増えてきていますが、まだまだ十分とは言えないのが現状です。無職で生活が養育費頼みであったり、非正規雇用やパートのみの少ない収入のため貧困により教育を受けるための資金やランドセルなどの学用品を購入する費用、住むための物件の部屋探しに苦労するシンママも多いです。まずは、母子手当である児童扶養手当などの助成金を受けられないか地域の市町村の役所で相談してみてください。

失業手当
失業手当として退職後の職を探す期間の生活費を賄ってもらえるのが失業保険です。ハローワークで手続きをするため、同時に求人情報を閲覧して仕事を探すことも出来ます。

車のローンが払えない
車のローンが払えない方のための対処方法をまとめています。月々の支払いが一時的に苦しい場合はカードローンを利用して滞納しないで返済することもできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加