退職理由は聞かれます

このエントリーをはてなブックマークに追加

退職理由は聞かれます

あまり言いたくはないことかと思いますが、以前もしくは現在の職場を退職する理由については必ず聞かれます。よく、可能な範囲で、といわれますが、本当にその通りだと思います。下手に言ってしまうことで、結果に左右されることがあるからです。

志望動機などでも説明しましたが、ここでは特に悪口などを言いかねません。言ってしまった時点でもう負けだと思っていただいてもいいと思います。退職理由を聞かれたときはどう答えればいいということになるわけですが、直近のものはある程度今やりたいことに絡めてしまいましょう。今、このようなことをやりたいと考えている中で、ここではそれに関する業務を行うことが難しいと思った、などでしょうか。でも、できる限り答えないのが得策かもしれません。

転職はいかにネガティブな要素を出さないかだと思います。転職理由でも説明していますが、少しでもそのような説明があると、それだけで不満があったらすぐにやめてしまうくらい我慢ができないと判断されてしまいます。働くということにおきましては、我慢すること、つまり継続して働くことも必要です。それが退職理由で大きく発揮されるのです。

簡単に言ってしまいますと、退職理由以外の部分は積極性を見る部分であるといえますが、退職理由については継続性を確認するという意図があるということです。それが転職では大きなポイントかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加